診断のスピード

白いキーボードのアップ

日本はIT先進国の一国として情報通信機器のインフラ関連整備も進んでおり、オフィスから家庭に至るまでパソコンが至るところで使用されています。
それだけにパソコントラブルは様々な場所で毎日起こっており、そのトラブルに対応できる業者も数多くあります。
それらの業者が取り扱うサービスは故障診断によるトラブル原因の特定にはじまり、データバックアップやパスワード解除、物理的故障の修理など多岐に及びます。
またHDDのデータが読み出せなくなった場合にはデータの復旧サービスを行ってくれる業者も多数あります。
さらにウイルストラブルやOSの起動不良などソフトウェアが関連したトラブルにも対応できるなど、あらゆるパソコンで起きた問題を解決できます。

ショップブランドPCやメーカー製PCなどに最近プリインストールされているソフトウェアに故障診断ソフトが有ります。
故障診断ソフトはその目的はユーザーのパソコンが調子が悪くなった場合にその診断を行うことで原因を突き止めようとするソフトです。
例えばデータの読み出しに失敗する場合にこのソフトで診断を行うと、HDDの不良セクタが見つかりさらに代替セクタも機能していないといったトラブル原因が分かる可能性もあります。
このためパソコン修理業者の診断サービスと一部類似しています。
ただし診断ソフトとパソコン修理業者の決定的な違いは、その故障などが見つかった場合に修理をしてくれるか、してくれないかという点となります。